TOPICS

遮熱塗料 GAINA 寒さ対策

効果について

 ガイナを建物内部(内壁・天井)に塗布し、冬季室内で暖房を使用すると、塗布面の温度が瞬時に上昇し、室内側へ赤外線を効率的に放射することで、暖かい室内環境を創出します。

gaina_samusa_1.png

 断熱性能の低い建物では、空調に多大なエネルギーを必要とするだけでなく、結露が原因となるカビの発生など、健康面への影響も懸念されます。

gaina_samusa_2.png




ガイナを塗布すると

 体感温度が10℃上がる 室内空気温度が30℃で、壁・天井の表面温度が10℃である部屋の体感温度は20℃となります。(30℃+10℃)÷2=20℃

 ガイナを塗布した部屋は、室内空気温度が30℃でも、壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し体感温度が30℃となり、その差は10℃も高くなります。(30℃+30℃)÷2=30℃)

gaina_samusa_3.png




遮熱塗料GAINAについて、詳しい資料を無料で送付させていただきます。ご希望の方は、お問い合わせフォーム、またはLINE@より、お気軽にお問い合わせください。

LINE