TOPICS

「塗料の種類について」家の塗り替え 外壁塗装、屋根塗装

「家の塗り替え」のご相談を受ける場合、よく塗料の種類を聞かれます。 

外壁、屋根に使用する塗料は、大まかに分けると4種類の樹脂、
そのなかに、溶剤系(油性でシンナーで希釈)2液タイプ 
溶剤系 1液タイプ、水性1液タイプがあります。

フッ素樹脂  溶剤系(油性でシンナーで希釈)2液タイプ 水性1液タイプ
シリコン樹脂 溶剤系(油性でシンナーで希釈)2液タイプ 1液タイプ 水性1液タイプ
ウレタン樹脂 溶剤系(油性でシンナーで希釈)2液タイプ 1液タイプ 水性1液タイプ
アクリル樹脂 溶剤系(油性でシンナーで希釈)1液タイプ 水性1液タイプ

塗料の販売価格は、アクリル系→ウレタン系→シリコン系→フッ素系の順で高くなります。

性能は、アクリル系→ウレタン系→シリコン系→フッ素系に順で高性能になります。
    溶剤系(油性でシンナーで希釈)2液タイプと溶剤系1液タイプを、比較すると
    2液タイプが、価格が高く、性能も上です。
    最近、水性塗料の性能も、アップしてきてます。  

以前。外壁塗装には、2液型ウレタン塗料が多く使用されていましたが、
最近では、2液型シリコン塗料が、伸びてきています。

外壁に塗装した場合
耐用年数 フッ素   15年〜20年
     シリコン  12年〜15年
     ウレタン  10年
     アクリル  5〜7年

おもな外装塗料メーカーでは、エスケー化研、日本ペイント・関西ペイント・日本特殊塗料・ミズタニ・スズカファイン、屋根塗料専門メーカー オリエンタル塗料、断熱・遮熱塗料ブランド ガイナの日進産業など、そのほかにもたくさんの塗料メーカーがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
0jd2